hasu-footballのブログ

サッカー関連の記事多め。何かしら得ることのある内容にするつもりです。

日本のサッカー文化が未熟なままである理由

目次

先日の永島昭浩の解説

北澤豪について

彼らからわかる、日本のサッカー解説の実態

悪評高き解説者一覧

サッカー好きの間に生まれる情報格差の原因

まともな解説者の解説を聞く方法

優秀な解説者一覧

 

先日、元日本代表永島昭浩の「クロスと横パスとセンタリングの違い」の解説がおかしいと話題になった。確かに意味がわからない。詳しいふりをしようとして無理矢理勝手に定義づけをしたように思えた。

悪質なのは、これが「サッカーに詳しくなりたいサッカー素人向けの企画」での発言だったことである。

元日本代表が解説していれば、サッカーにあまり詳しくない人は一発で信じてしまうだろう。真面目な人なら、丁寧にメモしているかもしれない。涙が出てくる。これが日本サッカーを取り巻く残酷な現状なのだ。

 

永島だけではない。北澤豪の解説も同様に悪質だ。松木安太郎はテンションマックスになると何を言っているかわからなくなるが、北澤は常にそんな感じなのである。何を言っているかわからない、サッカーの解説ができないから選手の性格や根性論を持ち出す、挙げ句の果てにそれすらやめて居酒屋のおっさん状態(感嘆するだけ)になる。とまあ、北澤はこんな感じなので本当に悪質なのだが、他にも問題のある解説者は多い。

木村和司(ほとんど話さない。実況アナの質問を無視する。)

藤田俊哉(イギリスでコーチの資格を取ったことに自惚れているのか、ろくに下調べせずに解説に臨む)

鈴木隆行、金田稔(一生懸命努力して解説をしてはいるが、内容の6〜7割はトンチンカン。)

秋田豊(素人でも言えるような事ばかり話す。さらに一時期はどの試合でも鹿島アントラーズの話をしていたことがあり、あまりに悪評だったのでDAZNをクビになった。最近復活し、この悪癖については改善された。)

あたりか。

 

こんな彼らでも、話術がそこそこ巧みで、かつ元サッカー日本代表の肩書があるので、どれだけ間違っていて時代遅れな事ばかり言い放っても、一定の需要がある。

これは日本サッカーの最大の問題ではなかろうか。すなわち、正しい知識を持たない人間がサッカーの解説をしている事態が。

彼らを専門番組(例えばJリーグ中継や海外サッカー中継)に出演させると猛クレームが来るらしく、すぐに出演しなくなる。そして彼らは日本代表関連の番組に出始めるのだ。

つまり、

まともな解説者…サッカー専門番組、DAZN

その他の余剰解説者…日本代表関連番組

という構図になる。

お分かりだろうか。

テレビで日本代表の試合しか観ない人と、普段からサッカーの試合(国内海外問わず)を見ている人との間の知識格差がどんどん広がっているのはこのためではないだろうか。

 

本当にサッカーに詳しくなりたければ、DAZNJリーグや海外サッカーを観て、楽しみながら、まともな解説者の解説を聞いた方がいい。

ではまともな解説者とは誰か。下にまとめた。

f:id:hasumyon-football:20181014111749j:image  戸田和幸

(ダントツで評判の良い解説者。圧倒的な知識、それに自惚れずに継続する情報収集、そしてわかりやすい話し方が売り。彼の解説を聞いていれば確実に少しずつサッカーに詳しくなっていく。最近有料の解説番組(?)を始めた様子。興味があればツイッターで確認してみては? 1つ欠点を挙げるならば、ペラペラと話しまくるために試合そのものに集中しづらくなることか。)

 

f:id:hasumyon-football:20181014111812j:image  森岡隆三

(戸田和幸ほどの評判はないが、NHKから重宝される知識人。話が時々飛ぶのでわかりやすさは微妙だが、彼の話はかなり説得力があり、的確。自分なりの解釈をあまり挟まず、客観的に冷静に解説をする印象があるのは俺だけだろうか。プロならではの視点を多数提供してくれるので地味にオススメ。)

 

f:id:hasumyon-football:20181014111828j:image  都並敏史

(かつてはうるさいだけのオッサンだったが、海外を旅してサッカーの知識を蓄えたことで一変。サッカーアースでは非常にわかりやすく詳細な解説を披露している。なお、中立的に解説できない試合(例えば日本代表戦やACL)では応援に力が入るので、本来の解説はあまり期待できない。とはいえ少なくとも間違ったことは言わないので、信頼はして良い。)

 

f:id:hasumyon-football:20181014111934j:image  早野宏史

(理屈を語らせたら戸田和幸並みに優秀。そのため昔は監督業のお誘いが絶えなかったが、監督としては無能だったので今は解説一筋。戦術的に浮いている選手やパフォーマンスの悪い選手を容赦なく全国ネットで晒すので、選手を批判的に見る目が養われる。なお選手に厳しいとはいえども根底には明白な選手愛があるので、不快にはならない。)

 

f:id:hasumyon-football:20181014111948j:image  小島伸幸

(明治時代の紳士のような風貌が特徴。元ゴールキーパーなので、他の解説者とは目の付け所が一味違う。ゴールキーパーはそもそも頭が良くないとできないポジションなので、ここ出身の小島氏の解説が鋭くわかりやすいのは当然だったりする。なお、何かとゴールキーパ目線で語る癖があるので、初めは違和感があるかも。)

 

f:id:hasumyon-football:20181014112027j:image  福田正博

(スーパーサッカーの解説者。話し方が軽いのであまり信頼できなさそうだが、言っていることは非常に的確。芸能界きってのサッカー通である加藤浩次を相手に毎週解説をしている男は、やはりスゴイ。)

 

f:id:hasumyon-football:20181014112159j:image  松木安太郎

(地上波ではワーワー騒いでいるだけだが、サッカーを見る目は確か。地上波でも時々鋭いことを言う。ちなみに、時々彼が担当しているJリーグの解説はサッカー解説マニアから非常に評判がいい。)

 

とりあえずこんな感じ。岡ちゃんや名波も相当な名解説者だが、いかんせん本業が忙しく、滅多に解説に現れないので除外。水沼貴史も評判は良いが、俺はあまり彼の解説を聞いたことがないので除外。この3人はかなり信頼していいはず。

なおここに挙げたのは、あくまで俺が知っている解説者のみである。実は「この解説者いいなー、名前なんていうんだろ」と思いつつもそれがわからず、ここに挙げることが出来なかった解説者も何人かいる。それでは不安だという人に言いたい。とにかく、中段に書いた「悪評高き解説者一覧」に入っていなければ、信頼して良い。

 

 

また、ツイッターやブログでサッカーについて書いている人の中にも、正確でアップデートされた知識を持っていることがある。

(俺がそうだとは言わない。自信が全くない。だが永島、北澤よりはマシだとは思う。)

 

そう言った人たちをフォローしても良いのではないだろうか。サッカー用のアカウントを作って適当にフォローしていれば、TLにRTで自然と流れてくるはず。

 

Education is a progressive discovery of our own ignorance.

教育とは、我々の無知の進歩的な発見である。

(意訳)教育とは、我々の無知を徐々に発見していくことである。

ウィル・デュラント (アメリカの作家、歴史学者)